物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ

物理及技術上可行性相當高的讀心技術整理


1、思考情報や、視覚情報、聴覚情報、

  夢やイメージ映像などは全て電気信号であること

  思想、視覺及聽覺、夢境或想像出的影像皆為電子信號。


2、思考盗聴とは、脳内で活発に活動している思考情報などの

  電気信号を測定し、解読している測定技術であること

  所謂的讀心技術,就是可以測量腦內活動產生的思想資訊之類的電子信號,

  並進行解讀的技術。


3、脳内の電気信号を測定する技術は、

  直接その電気信号を測定するには、かなりの近距離で

  ないと不可能なため、加害者が用いているのは

  キャリアを使用して遠隔から測定している技術であること

  由於測定腦內電子信號的技術,必須在很近的距離下才有可能直接測量該電子信號

  可知加害者使用的是利用載波的遠距測量技術。


思考盗聴関係の多くの間違い情報

關於讀心技術的許多錯誤資訊


(1)音波で思考盗聴可能 = 間違い情報

音波がどのような物理現象により脳内の電気信号によって

変調されるのか説明不足で間違い


可以利用聲波讀心 = 錯誤資訊

透過像音波的物理現象可以對腦內的電子信號進行調變的説明不充分


(2)思考盗聴は脳波を読み取ることで可能 = 間違い情報

脳波は一般に数Hzから数十Hz程度の電磁波、電気信号のことである

音声情報ですら、数百Hzから数千Hzあるのに、

脳波程度の周波数の電磁波、電気信号に思考情報や、網膜からの

電気信号があるはずがない

したがって、脳波を読み取ってもぼんやりとならわかるが

はっきりとした思考や、網膜からの映像情報などを盗聴できるはずがない

脳波を読み取って思考盗聴できると述べている情報は全て間違い


讀心技術可以讀取腦波 = 錯誤資訊

腦波是一般頻率幾Hz到幾十Hz左右的電磁波,

有聲音資訊的電子信號,在幾百到幾千Hz之間

腦波頻率程度的電磁波,是應該會含有思想資訊或來自視網膜的電子信號

因此,可知就算讀取腦波也沒有太大用處

也就是竊取思考或來自視網膜的影像資訊是不可能的

讀取腦波就能讀取思想的資訊完全錯誤的


(3)固有の脳波パターンがあるため暗号解読困難により思考盗聴不可能

=間違い情報

まず脳波パターンなど思考盗聴に全く関係ない

また、固有の脳波パターンがあり人それぞれによって

暗号解読する必要があるから暗号解読不能と述べているのも

脳波パターンの差異は、そもそも

同じモノを見ても人によって見え方、感じ方が違うことから

うまれる差異であって、

網膜で受け取る光情報の電気信号への暗号変換方式が

同じDNA、同じ人間、同じ網膜構造を持つ同じ人間どうしで

人それぞれによって暗号変換方式が違うはずがない

したがって、思考情報、映像情報、音声情報の電気信号への

暗号変換方式は人間全員に共通する暗号変換方式なので

人それぞれによって暗号解読する必要がなく

暗号解読問題は完全にクリアとなる

よって、固有の脳波パターンがあるため暗号解読困難により思考盗聴不可能

などというように述べている情報は全て間違い


腦波有一定波形解讀過於困難所以讀心是不可能的 = 錯誤資訊

首先腦波的波形跟讀心一點關係都沒有

跟腦波一定波形不可能解讀每個人不同的轉換方式也沒關係

腦波波形的差異是由於就算是同樣的東西,

也會因為不同人之間看的方法和感覺的不同而產生不同的差異

但視網膜將接收到的光轉成電子信號的方式,

對擁有同樣DNA、同樣視網膜構造的人類來說不會因個體的不同而有不同的轉換方式

並不必一個個解讀因人而異的轉換方法

轉換方式已經被解開了

因此,腦波有一定的型式轉換方式難以解讀,

所以思想也不可能被讀取的說法是完全錯誤的資訊


(4)脳内の信号が微弱すぎて遠隔からは測定不可能で思考盗聴不可能

=間違い情報

磁気光学効果によって変調される近赤外線、電波、マイクロ波

を利用することにより

脳内の微弱信号を遠隔から測定することが原理的に可能で

遠隔から測定不可能により思考盗聴不可能とする説は間違い


腦內的信號太微弱不可能遠距離測量所以讀心是不可能的 = 錯誤資訊

利用經過磁光效應調變的近紅外線、無線電波、微波

遠距測量腦內的信號理論上是可行的

因為無法遠距測量所以無法讀心的說法是錯的


原文網址:http://www.geocities.jp/tappingtech/

 


 

其他參考資料:

WIKI微波聽覺效應

WIKI腦機介面

clyu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()