最初は誰でも撹乱されパニックになりますが、少しづつ冷静さを取り戻せるようになったなら「一般の視点」から被害を見るように心掛ける事が大切です。

被害を受ける前の生活を思い出して下さい。

社会の中で「ありえない事(撹乱されている事)」を区別しながら被害を捉えなければなりません。


一開始不管是誰都會被擾亂而產生恐慌,慢慢冷靜下來之後時時切記從「一般的觀點」來看受害的情形是很重要的。

回想一下遇害前的生活。

必須一邊區分出社會上認為「不可能的事(被擾亂的事)」,一邊掌握受害的狀況。


○この犯罪のための盗聴器・盗撮器等は仕掛けられていません。

○加害集団が被害者の周囲に日々付き纏い続けることはありません。

○上下左右の部屋から直接加害は行われません。

○国家機関は加害者ではありません。

○最新の脳科学は使用されていません。


○這項犯罪沒有裝設竊聽器、監視器。

○加害集團沒有每天跟在受害者的周圍。

○沒有從上下左右的相鄰房間進行直接加害。

○國家機關並非加害者。

○並未使用最新的腦科學技術。


それぞれ被害の捉え方が違う事は承知していますが、この犯罪を訴えるためにぜひこの5項目だけはしっかり認識して頂きたいと思います。


我知道每個受害者對各自的受害遭遇有不同的看法,但要控訴這項犯罪請至少清楚認識以上5點。


<要点>

被害を受ける前には、当然何の知識も持っていない事から、数年後に被害を見直し、ようやく気付く手法も多くあります。

どのように加害が進められてきたか、私の場合を書き留めておきます。

自分の状態が把握できずにいる被害者の方の参考になればと思います。


<要點>

在受害之前,當然沒有任何相關的知識,也有很多是幾年後重新回想受害遭遇才終於驚覺的手法。

加害的行為是如何進展的,在此寫下我的經驗。

希望能給無法掌握自己狀態的受害者作為參考。


〔始まりの気配〕

  〔開始的跡象〕

   (事前に、依頼者達のグループだけと親密にさせるため、少しづつ他のグループ

    との人間関係を絶つように仕向けたり、仕事も彼等が紹介する仕事に替わる

    ようになど、環境を都合良く変えさせようとする。

    更に、家庭環境や生い立ち、家族について、人間関係やその肩書き、

    家の間取りなど、細部に渡り執拗に聞かれるようになる。

    それを拒否した頃に犯行の予告を受ける。)

    ↓

   (事前為了讓受害者只跟委託人們的團體親近,

一邊慢慢進行斷絕跟其他團體的人際關係往來,

    工作也用他們介紹的作替換,目的是為了將環境改變成對他們比較方便。

    再者,家庭環境或成長背景、親人、人際關係或地位、家裡的布置之類,

    糾纏不休地探聽所有細節,對此表示拒絕時收到了犯行的預告。)


〔登録〕

  〔登記〕

   (何らかの都合・目的のために、加害予定者として選ばれ登録される。)

    ↓

   (基於某種原因或目的,被預定加害者選上並登記。)


〔準備期間〕

  〔準備期間〕

   (数ヶ月以上前から、被害者には気付かせないように、既に脳波の送受信・

    思考盗聴等を始めており、加害を表面化・開始するキッカケを待っている。

    加害者が さも調査したかのように、また古くから知っているかのように

    思わせる被害者の情報は、この頃思考盗聴により収集されたものである。) 

    ↓

   (至少幾個月前開始,在受害者注意不到的情況下,已經開始腦波的接收、傳送、

及竊聽思想等,等待將加害表面化及展開的機會。

    加害者偽裝成經過調查,似乎很久以前就知道的受害者的情報,就是在此時透過

思想竊聽來收集的。)


〔近隣の住民が急に大声で自分の悪口を言い始めた・・・と思わされる〕

  〔附近的鄰居突然開始大聲談論自己的壞話・・・讓你這麼覺得

   (騒音トラブルの誘発もされそうになったが、実際には周囲の人の声を

    勝手に利用し、作られた音声送信であった事を後に気づく。)

    ↓

   (誘發嘈雜聲的糾紛,但事後才發現實際上也有私自利用模擬出的周圍人的聲音,

    進行遠距傳音的情況。)


〔家の中の様子が筒抜けである事に気付く〕

  〔發現家裡發生的事完全洩露出去了〕

   (最初は特定の部屋だけだと思わせられ、次第に家の中全部に広がる。

    探偵を頼んだり、盗聴調査を依頼したりしても、発見には至らない。

    後に全て脳波の送受信により行われていた事がわかる。)

    ↓

   (一開始讓你以為只限定在特定的房間,接著擴大到整個家裡。

    就算委託偵信業者來調查竊聽也一無所獲。

    之後透過腦波的接收和傳送,所做的事被知道的一清二楚。)


〔集団ストーカー現象が始まる〕

  〔集體跟蹤現象開始〕

   (家の外では大丈夫と思わせられていると、次は外出先のどこでも同様の

    中傷やつきまといを、見知らぬ人々から受けるようになる。

    後日これも音声送信が殆どであった事に気付く。)

    ↓

   (讓你以為離開家裡就沒事了,之後不論去哪裡都受到同樣的中傷或被跟蹤,

    由不認識的人們執行。

    往後發現這大多也是透過遠距傳音進行的。)


〔電気的な刺激を受け始める〕

〔開始受到電流的刺激〕

   (最初はやはり家の中あらゆる場所で。次に外へ行っても同じ状態になる。)

    ↓

   (一開始還是在家裡的每個地方。之後即便出門也是同樣的狀態。)


〔思考が伝わっている事に気付かされる〕

〔發現思想遭到傳播〕

   (自分が考えた事が即復唱される。言葉に出さずに加害者と会話が

    成り立つ事に気付かされる。それまでネット上で読んでも全く信じられな

    かった「思考盗聴」等の書き込みが、真実であるとようやく気付く。)

    ↓

   (自己所想的事被瞬間複述。發現不用出聲就能跟加害者進行對話。

    終於注意到,在此之前網路上看到那些令人完全難以置信的「思想竊聽」的文章

原來是真的。)


〔盗撮ではなく視覚が伝わっている事に気付かされる〕

  〔發現不是偷拍而是視覺被接收〕

   (同時期に、思考・視覚・感覚の送受信が行われていると、ハッキリ認識す

る。)

   (冋時完全了解到思想、視覺、感覺的接收及傳送也都在進行。)


それから数年が経つが、どんなに挑発を繰り返しても、これ以後新しい加害は無い。

小細工はしてくるが、全て同じ手法で可能なものばかりである。

そして直接危害を加えられた例もありません。

音声送信も、同じ人物達の声で、全く同じ内容・脅迫を延々と何年も繰り返し続けるのみ。

「暗証番号」等の個人情報に関しても、今まで実際に悪用された例はありません。

 

 

經過幾年以後,不論怎樣重複進行挑撥,之後也不再有新的加害。

雖然會使用一些小技俩,但全都是同樣的手法。

而且也沒有進行直接的危害

遠距傳音也都是同一群人的聲音,完全相同的內容,不斷重複進行長年的脅迫。

關於「密碼」等個人資料,目前為止也沒有實際被惡意盜用的事例。


原文網址:http://www.geocities.jp/boxara/higai.html

 


 

 主な人的被害例

①まるで集ストに遭っているかのような状況

②まるで自宅に盗撮カメラや盗聴器があるかのような状況

③まるで家族・近隣者・知人・職場の人ほか、真犯人ではない特定の個人や組織が犯人であるかのような状況

④まるでマスコミやTV、有名人や出版物までがほのめかしや攻撃をしているかのような状況

⑤自分の好みや趣味が流行する、アイディアが盗まれているかのような状況

⑥まるである日突然サトラレになったかのような状況

⑦まるで統合失調症などの精神神経学的な疾患になったかのような状況

⑧まるで家族や周囲の人達が自分が犯罪被害に遭っている状況を知っていて、ほのめかしや攻撃をしているかのような状況

⑨まるでインターネットの掲示板のみんなが自分のプライバシーを知っていてほのめかしたり自分を攻撃しているかのような状況

⑩まるでサイバーストーカーがいて、その人が自分のことを仄めかしたり自分を攻撃しているかのような状況

⑪まるで近隣トラブルであるかのような状況

⑫まるで周囲の人達がスパイ・工作員・加害者であるかのような状況

 

主要人為遇害項目

 ①簡直像正遭到集團跟蹤的狀況

 ②簡直像家裡被裝了監視器或竊聽器一樣的狀況

 ③簡直像除了親人、鄰居、認識的人、同事的人以外,不像真正犯人的某人或組織才是犯人一樣的狀況

 ④簡直像媒體或電視、公眾知名人物或甚至出版品都在進行監視暗示或精神攻擊的狀況

 ⑤像是自己的喜好或興趣開始流行,思想被盜用一樣的狀況

 ⑥簡直像某天突然罹患「心靈感應症」一樣的狀況

(「サトラレ」,原作是漫畫,作者在故事裡創造的一種會將自己的思想廣播出去的病症。)

 ⑦簡直像得了精神分裂之類精神醫學上的疾病一樣的狀況

 ⑧簡直像親人或周圍的人們都在知道自己被犯罪所害的情況下,進行監視暗示或攻擊的狀況

 ⑨簡直像網路留言版上的網友都知道自己的隱私然後用監視暗示來攻擊自己一樣的狀況

 ⑩簡直像被人肉搜索,搜索者對自己進行監視暗示來攻擊自己一樣的狀況

 ⑪簡直像發生了鄰里糾紛的狀況

 ⑫簡直像周圍的人們都是間諜、工作員、加害者一樣的狀況

 

原文網址:http://space.geocities.jp/cosmos22_apollon/denjiha7.htm

 

 


 

 

日本NPO科技犯罪聯盟對335位受害者所作的問卷調查統計:

高科技犯罪:

1.妨礙睡眠

2.思想被複述

3.聽見聲響

4.聽見人聲

5.頭部有壓迫感、麻痺、疼痛

6.恐懼、不安的增強

7.意識被干涉

8.不自然的夢

9.心臟或其他內臟疼痛

10.電流流過身體的感覺

 


人為騷擾:

1.竊聽

2.被人跟蹤

3.偷拍

4.被車跟蹤

5.鄰居不明的舉動

6.電器用品的異常運作

7.電腦被入侵

8.不明的語言或動作

9.被瞪或吐口水等帶有敵意的態度

10.電器用品的故障

 

原文網址:http://bubblering11111.blog135.fc2.com/blog-entry-362.html

, , , , , , , , , , , ,

clyu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • clyu
  • 部落格無法登入