高科技犯罪的主要程序 

1.自對受害者(目標)的思想竊聽、高度的偷拍、竊聽開始。

2.以此得手的思考内容(主要多是受害者的負面情報)或受害者在家裡的會話或活動等情報, 
由受害者所屬的公司(團體)或外出路線將遭遇的人們(集團跟蹤者)
以監示暗示的形式傳入受害者耳中。

3.受害者產生自家被竊聽及偷拍的受害意識。 
另外也有受害者會產生被跟蹤之類的被跟蹤妄想。
再者是體驗到自己的想法被散佈到四周之類的思想傳播的感覺。

4.受害者漸漸被覺得周圍發生的事件都跟自己有關係的關係妄想及被害妄想, 
陷入精神錯亂、神經衰弱、神經緊繃狀態。
甚至到連非監視暗示的事件,都覺得與自己有關的受害者意識開始增強, 
精神上的壓抑開始變強。至此如果察覺到這是刻意設計出的陰謀的話被假性精神分裂(思覺失調)患者。
若是沒有發現,變成真性精神分裂患者的可能性很大。

5.開始前往精神科就診、出現工作業務上的障礙、工作經常請假休息、
從停職被逼到離職。

6.被醫生貼上精神分裂症等的精神病標籤。服用抗精神病藥物後 
這些體驗的異常狀態從此消失的情況很多。

7.也有很多離職後這些體驗的異常狀態仍然繼續的情況,越來越難重回職場, 
很多從此變成家裡蹲待在家裡而易與社會脱節。

8.受害者有家人的情況下,當然收入減少,變成無収入,受害者的言行不被周遭的人或親人所理解,與家人或周圍的人之間的人際關係也惡化,也有出現家族離異等無可奈何的情況。

9.受害者所持有的原本的性格是外向的且受害者意識變強的情況下, 
受害者自身會產生犯罪傾向的特質。

10.一切按加害者的陰謀、陷阱進行,結果是受害者試圖自殺、受害者自身的人生蒙上巨大的陰影。

 

以下原文:

思考盗聴、集団ストーカーについての裏事情5

テクノロジー犯罪の主なプロセス

1.被害者(ターゲット)に思考盗聴、高度な盗撮、盗聴を開始する。

2.ここで仕入れた思考内容(主に被害者のネガティヴな情報が多い)や被害者宅の会話や様子といった情報を、被害者の所属している会社(団体)の人間や外出先で遭遇する人間(集団ストーカー)
にほのめかしという形で被害者の耳に入れる。

3.被害者は、自宅が盗聴盗撮されているという被害意識が生まれる。また尾行されているなどの
追跡妄想も生まれる場合もある。
また自分の考えが周囲に漏れているなどのいわゆる思考伝播のような感覚を体験する。

4.被害者は、だんだん周囲の出来事が常に自分に関係しているといった関係妄想、被害妄想を覚え、
精神錯乱、神経衰弱状態、神経過敏状態に陥る。
ほのめかしではない事柄まで、自分に関係しているという被害者意識が強くなり、
精神的抑圧が強くなり始める。ここでこれは仕組まれた陰謀であると気が付けばエセ統合失調症者。
気が付かなければ、真性の統合失調症患者となる可能性大。

5.精神科に通い始めたり、仕事の業務に支障を来たし始め、仕事を休みがちになったり、
休職したり退職に追い込まれる。

6.医者からは、統合失調症などの精神病のレッテルを貼られる。抗精神病薬を服用すると
これらの体験的異常状態は消失していく場合が多い。

7.退職後もこの体験的異常状態は続く場合が多いので、なかなか再就職できなかったり、
自宅に引きこもりがちになったりする場合が多く社会から脱落しやすい。

8.被害者に家族がいた場合、当然収入が減る、無収入になる、被害者の言動が周囲や家族の人間に理解されないので、家族や周囲との人間関係も悪化し、家族離散などを余儀なくされる場合もある。

9.被害者の持っている元々の性格が外向的(陽)でありかつ被害者意識が強くなった場合、被害者自身に犯罪傾向的性質が生じる。

10.加害者の陰謀、罠にまんまとはまり、被害者は自殺を試みたり、被害者自身の人生に大きく影を落とす結果となる。

 

原文網址:http://read2ch.net/company/1220971580/

clyu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()