Gaslighting是捏造並表演令成為目標的個人的喪失感覺、妄想、惡評、糾紛,懷疑其人格或精神障礙,社會上的評價掃地,破壞其自信、自尊及判斷力,將其人生破壞到加害者希望達到的程度為止,儘管將受害者逼至自殺,看來也完全是受害者自我毁滅,由加害者單方面飾演好人的眾多手法及其階段性計劃的總稱。Gaslighting名自一部一個丈夫欺騙太太使其自以為患有精神疾病的電影「煤氣燈下(Gaslight)」(1944年)。本頁藉引用下列書籍(管理人譯),對Gaslighting的原理及手法加以介紹。本頁的文章中,『』內的文章引用自下列書籍,()內為譯註。

GASLIGHTING: How To Drive Your Enemies Crazy
(Victor Santoro著,Loompanics Unlimited刊,1994年,ISBN 1-55950-113-8)

 

...

 

  Gaslighting由眾多的手法組成,是經由計畫性的程序毁滅目標的手法,與以往單純的騷擾不同,有著無法指出其加害行為與共犯的優點。

  『手法是破壞目標精神的均衡、自信及自尊心眾多手法的複合體,為了將目標朔造成不正常的人而設,並非傳統上的騷擾或身體上的攻擊,而是縝密而巧妙的心理戰。』

  『幾乎在所有的手法當中,要找出惡意的共犯或團體是不可能的,(比起以往單純的騷擾)讓人更加想要捉住真相。』

  『也包含了將目標從親人、鄰居、朋友、同事以及老闆間孤立的方法。』

  『破壞目標的自尊心、讓目標懷疑自己的能力、讓目標懷疑自己是否正常。』

  最後要注意的一點,在Gaslighting手法中,加害者自身必須永遠是好人(不弄髒手)。一邊偽裝成好人一邊殺人。

 

...

 

  最後寫著以下的敍述。

  『Gaslighting可以從輕微的碰觸開始,能夠在你(轉載按語:指加害者)所期望的期間,維持此種狀態。之後,透過強烈且分散的眾多手法,能將目標逼至絕境。這就像船在沉沒之際,拿著機槍對搭乘救生艇逃出的人掃射一般的手法。請按照你的期望,活用這許多手法。』

  以上、經由引用書籍的內容,對Gaslighting的手法加以說明。

 

 

【詞語解釋】

 

制約(Anchoring)

  制約意指「條件反射」。偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤是將日常中存在的人的舉動、聲音、物品、光等「條件」植入受害者的意識之中,根據「條件」、場合的不同,讓受害者感到連生命都有危險的「正在被追殺的意識」。此手法由我所知的所有受害者報告而來,可以實際的影像記錄。以此手法為基礎的技法稱作制約(條件反射)、制約也包括NLP(神經語言規劃:Neuro-Linguistic Programming)的技法。

  例如,以「手機」作為反射條件。你一出家門,就看見某人一邊向你展示「手機」,一邊盯著你。外出用餐時、又有其他人一邊刻意在你附近展示「手機」,一邊瞪著你。在停車場上車時,旁邊車輛的乘客一邊笑咪咪地看著你,一邊展示「手機」。搭電車時,出現很多故意在你頭的正旁邊使用折疊式「手機」發出「啪嘁」「啪嘁」開合聲的人。在外步行時,出現很多將手機對著你的方向走路的人。甚至傾盆大雨中,出現騎著腳踏車連傘也不撐拿著手機向著你的人。初期階段就像這樣,將為了刻意讓受害者知道是針對他的行為集中進行。這些行為經過每天、一次又一次、數日間連續執行,之後就單純的在你周圍出現展示「手機」行動的人。如此持續幾個禮拜後,要是還能不在意那些拿著「手機」的人反而不正常。

  對於偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤制約的恐怖之處,並不在於產生「正在被追殺的意識」。在第三者的眼中,你對日常生活中的事件表示的反應或理解看來是異於常人的,請勿忘記有這樣的效果。例如,日常生活中一定會有拿著「手機」的人。加害者這方在對此有計劃性理解的前提下,等著你找周圍的人們訴說。接著單單只強調「這是日常生活中的事件」這一部分,捏造出這是你的「錯覺」、「妄想」之類的故事,將你朔造成「不正常的人」「精神疾病患者」。如果受害者吃盡各種手法的苦頭依然不找任何人商量,便會毫無關聯的,或說出「不多跟公司裡的人商量可不行喔。」、「我們可能被跟蹤了呢。」、「要把你從社會上排除也是辦得到喔。」等,或要受害者找特定的人物商量,或讓你知道有哪裡不太對勁。

  偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤受害報告中大多制約的「條件」是「咳嗽」、「手機」、「同色的衣服」、「玻璃紙車窗的車輛」、「連號或數字有含義的車牌」、「冷笑」、「剛好的時機出現的人或車輛」、「聲響(請參照Noise Campaign)」、「刺眼的光或糾纏的光的演出(請參照Brighting)」、「緊急車輛」、「警車」、「口罩」等。國外也有很多「筆電」或「筆」的報告。這些理所當然存在的現象,按照上述的方法,也能變成威脅你的存在。作為條件反射的誘因,也有加入「脅迫」或解除威脅的。在以「脅迫」或解除威脅之後進行條件反射的情況下,對其「條件」讓受害者感到「生命危險」也是可能的。

  雖說對NLP不可存有誤解,制約也分為正面的制約和負面制約。以正面的制約來説,例如,被加諸某種刺激能讓情緒變得平靜,預期此種效果而進行。在偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤裡使用的是負面的制約。「制約」並非是必定、而且只為了加害於人的技法。

 

衝突活動(Collision Campaign)

  Collision意指衝突。妨礙成為目標的人物(Target)的行動的行為總稱。目標移動時、人、自行車、摩托車、車輛伸手擋住去路,或在幾乎碰到目標的位置出現通過阻止前進,在商店的收銀機、車站的檢票口、販賣機等排隊時擠進目標的前面,有人指出這樣的行為。數人(數台)分散至路寬慢慢前進,有時也會製造出目標不得不避開的狀況。雖然實際上很少有「碰撞」的事情發生,也有碰觸到也很自然的場合,例如擠滿人的電車之類,有時明顯不自然地把目標的行李踢開、朝目標擠過來、用包包的角貼著你、目標乘坐的車廂人群突然一涌而入等。

  另外,也有會用刻意讓你知道是故意的道歉方式的情形。此類行為可以實際的影像或聲音記錄下來。

 

街頭戲院(Street Theater)

  成為目標的人物(Target)經過時按照時機進行各式各樣的演出,吸引目標的注意,讓目標有一種正在被耍的意識。例如,在你面前開始「互相叫罵」、突然發出很大的聲音、騎著腳踏車的人之間的相撞、喝醉的人大量出現、出現看似暴力的集團等。

  雖然錄影的時機很難掌握,可以實際的影像記錄下來。單純在身邊出現進行威迫、挑撥或妨礙的行為稱作 Shadowing 或 Mobbing 。

 

如影隨行(Shadowing)

  指不論男女老幼的不特定多數人無意義地出現在成為目標的人物(Target)周圍。並非類似跟蹤的行為,只是單純在你要前往的目的地散亂出現。接著在大多數的情況下,會進行制約、衝突活動、噪音活動、監視暗示、街頭戲院等行動。

  他們登場的態度或方式很不自然,若非每天都在體驗的人應該無法察覺到異常性吧。他們裝成平靜的樣子聚集到你的身邊,或露出無禮的態度、或妨礙行動、或露出冷笑、或做出奇特的舉動。

  Shadowing也可以車輛進行。當你把車停在路邊,前後剛好出現車輛停過來,駕駛在車上帶著微笑緊盯著你,還有就是在讓你的車子無法移動的位置停車之類的行為。以車輛來說,有許多玻璃紙車窗的車輛的報告佔了相當大的比例。此行為可以實際的影像記錄下來。

 

監視暗示

除了成為目標的人物(Target)之外應該沒人知道的「個人信息」或只有目標才知道的言語或動作,例如,在自己的房間一個人進行的行動或就寢、起床之類的時間之類,經常被他人或熟人若無其事地,從前後文中乍看毫無關係的情況下,糾纏不休地談及。有的是密碼或與電話號碼同樣數字車牌的車輛出現在你眼前,訴諸視覺的演出。有讓目標懷疑「是不是被竊聽了?」「是不是被監視器偷拍了?」的效果。如果目標將他心中的疑問說出口,就進入目標是「不正常的人」的劇情。雖然聲音記錄等很困難,但記錄是可能的。只不過,要證明那是否真的是針對你而來的言語或行動是很困難的。

 

噪音活動(Noise Campaign)

  在成為目標的人物(Target)周圍24小時製造某些「聲響」,促使目標對「聲響」變得敏感的行為。從敲擊牆壁的聲音或室内的咔噠咔噠、咕咚咕咚聲的微小的聲音、到水流聲、洗衣機運轉聲、附近的嘈雑聲、外出或外食時的吵雑對話、時而突然大聲說話時而大笑的人物、反覆咳嗽的人物、鼾聲、抖腿造成的咔噠咔噠聲、利用小孩子的吵鬧聲、被放置的手機鈴響、鞋子用力走路的「咔吱咔吱」聲,不斷攪動冰咖啡的冰塊聲、施工或木工作業的噪音、剎車聲、車輛或摩托車消音器的排氣聲(嗡嗡聲)、廣播車或宣傳車的嘈雑聲、緊急車輛的鳴笛聲,所有噪音的演出都包含在這裡面。也有很多是在你的住所附近有共犯潛伏,輪班製造令人在意或神經緊繃的聲音。

  這類聲音,可以錄音。

 

閃光(Brighting)

  透過刺眼或煩人的光的演出,讓成為目標的人物(Target)神經緊繃的行為總稱。其中大多是利用車輛的車頭燈、危險標識燈或霧燈進行。很多人提到目標晚上在路上徒步行走的時候,許多車輛使用大燈或霧燈對著目標照射接著停車,在目標通過的時機開車。也有提到駕駛中頻繁的超車、對向車的車頭燈由原本的小燈改開大燈(變得看起來很刺眼)、裝著閃爍車燈的自行車頻繁出現的例子。另外,有的受害者的住宅窗戶有刺眼的光線射入,被弄成半夜中也很明亮的狀態。此行為可以實際的影像記錄下來。

 

心理遊戲(Mind Games)

  Gaslighting 的手法的一種。讓成為目標的人物(Target)心想「咦?」,懷疑自分的記憶是否正確,思考究竟發生了什麼事的行為。包含稍微移動房間的物品、稍微調整椅子的高度等行為。

 

集體霸凌(Mobbing)

  「Mobbing」這一用語,原本是用來表示在職場中騷擾的用語,這項行為在各先進國家被提出。「Mobbing」是包含在職場內,不停持續細微而糾纏不休的騷擾,製造出使成為目標(Target)的人物除了辭職外別無選擇的狀態,屬於集體犯罪行為。這是一項非組織性就無法進行的行為,有很多由人事部執行的例子。結果通常是讓受害者因私人理由離職。公司這邊不需要進行解雇的程序,「沒有發生什麼事。這個人自己要辭職的。」有為了以這樣表面上的形式來掩飾的意圖。擔任共犯的人們、即使使用強硬的手段也要讓能使劇情延續的事物進行下去。「Mobbing」的共犯會非常注意地避開能證明這是擺明的騷擾或犯罪的行為,所有的行為全部以「巧合」進行包裝。也會進行或散佈成為目標的人物的壞話或嫁禍罪行的行為。另外,將「Mobbing」命名的雷曼,也舉出了在職場上的組織性Mobbing的階段之一,在各式各樣的加害行為後,令受害者強制接受精神鑑定診斷以貼上精神疾病的標籤,逼迫受害者的手法。以成為目標的人物看來,由於要證明這是社會上組織性進行的行為非常困難,只能單方面的權利受損。

  這並非僅限於職場,也全面應用在目標的私生活、社會生活,也就是偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤。因此,也有人把偽裝疾病、偽裝醫療、偽裝安全安心跟蹤稱作「跳出職場的Mobbing」。

 

反間諜計劃(COINTELPRO)(counter-in-telligence program的字母縮寫)

  1950年至1960年間,由FBI等進行的非法工作活動(國家犯罪)的計劃名稱。如共産主義者等,針對對當時的美國政府不利的人物或團體進行的工作為主要活動。手法是通過人際關係的破壞工作、風評工作、生活妨礙工作、強迫失業工作等,偽裝成巧合,對成為目標的人物持續加以身體、精神、經濟上的傷害。利用對媒體的利用、Gaslighting、跟蹤(stalking)等,也包括街頭戲院。另外,同樣手法的騷擾,也正被日本的公安警察使用中,這是存在的事實。

 

 

原文: 

 ガスライティングとは、標的となる人物(ターゲット)の感覚喪失、妄想、悪評、トラブル等を捏造または演出したり、人格や精神の障害を疑わせたりして、社会的評価を失墜させ、自信、自尊心及び評判を破壊し、思い通りのレベルまで人生を破滅させ、自殺に追い込むことまで出来るにもかかわらず、ターゲット自身が自滅したかのように見せかける一方で加害者側が善人を演じることの可能な数々の手口、及びその段階的な計画の総称です。ガスライティングは、夫が妻を騙し、妻に妻自身が精神病だと思い込ませるストーリーの映画「ガス燈(Gaslight)」(1944年)から命名されています。本ページでは、下記書籍よりの抜粋(管理人訳)を行いながら、ガスライティング手法の原理及び手口をご紹介します。本ページの文章の中で、『』内の文章は全て下記書籍よりの抜粋、()内は訳注になります。

GASLIGHTING: How To Drive Your Enemies Crazy
(Victor Santoro著,Loompanics Unlimited刊,1994年,ISBN 1-55950-113-8)

 

...

 

 ガスライティングは、数々の手口を組み合わせ、計画的に段階を踏むことによってターゲットを破滅させる手段であり、従来のわかりやすい嫌がらせと違って、加害行為とその加担者を指摘できない利点がある、ということが書かれています。

 『ガスライティング手法は、ターゲットの精神的バランス、自信、及び自尊心を破壊する数々の手口の集合体であり、ターゲットをおかしな人間に仕立て上げることができるように設計されています。ガスライティングは従来型の嫌がらせや物理的な攻撃ではなく、緻密で巧妙な心理戦争です。』

 『ガスライティングのほぼ全ての手口からは、悪意のある加担者やその団体を指摘することが不可能なため、(従来のわかりやすい嫌がらせよりも)はるかに実態を捉えがたいのです。』

 『(ガスライティングの手口には)ターゲットをターゲットの家族から、近隣住民から、仲間から、同僚から、そして雇い主から孤立させる方法までもが含まれます。』

 『ガスライティングでは、ターゲットの自尊心を破壊し、ターゲット自身の能力を疑わせ、ターゲット自身に自分が正常であるかどうかを疑わせるのです。』

 そして最後の注意点として、ガスライティングでは、加害者自身は常に善人(『きれいな手』と表現されています。)であり続けることが要求される、と書かれています。善人を装いながら人を抹殺するのです。

 

...

 

 最後にこんなことが書かれています。

 『ガスライティングは軽いタッチで始めることができ、あなたが望むだけの期間、その状態を維持することが出来ます。その後、強烈かつ分散された数々の手口によって、ターゲットを追い込むことが出来ます。これは、船を沈めておいて、救命ボートで逃げ出した人々をマシンガンで攻撃するような手口です。あなたが望むだけ、多くの手口を活用してください。』

 以上、書籍よりの抜粋をしながら、ガスライティングの手口をご説明しました。

 

原文網址:http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_GaslightingTheBook.htm

 

 

【 用語集 】

 

アンカリング(Anchoring)

 アンカリングとは、「条件付け」という意味です。疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングでは、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、被害者に持たせます。この手口は、私の知りえた全ての被害者から報告されており、実際の映像として記録できます。この手口の根底にある技法を、アンカリング(条件付け)と呼び、アンカリングはNLP(神経言語プログラミング:Neuro-Linguistic Programming)の技法でもあります。

 例えば、「携帯電話」を条件とします。あなたが家を出た直後、ある人物が「携帯電話」を見せ付けるようにしながら、あなたを睨みつけます。外出先で食事をしていると、また別の人が「携帯電話」を見せ付けるように回しながら、あなたを睨みつけます。駐車場で車に乗ると、隣の車に人が乗っており、あなたを見てニヤニヤしながら、「携帯電話」を見せ付けています。電車に乗ると、わざわざあなたの頭の真横で、折りたたみ式の「携帯電話」を「パチッ」「パチッ」と開け閉めする人が多く現れます。外を歩いていると、携帯電話をあなたの方向に向けて歩いてくる人が多く現れます。土砂降りの雨の中、自転車に乗り、傘もささずにあなたに向かって携帯電話をかざしながらやってくる人さえ現れます。初期段階ではこのように、被害者に対する行為であることをわからせるための行為が、集中的に行われます。こういった行為が毎日、何度も、数日間連続して行われた後、今度はただ単に、あなたの周囲で「携帯電話」を見せ付けるような行動をする人が現れるようになります。これが数週間続いたら、「携帯電話」を手にしている人が気にならないほうがおかしいのです。

 疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングにおけるアンカリングの怖いところは、「狙われているという意識」を生じさせることだけではありません。第三者から見た場合、あなたが、日常的な出来事に対して一般人と違う反応や理解を示すように見える、という効果があることも忘れてはなりません。例えば、「携帯電話」を持っている人はいくらでもいます。加害者側はその効果を計画的に理解したうえで、あなたが周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、あなたの「思い違い」、「妄想」というストーリーを作り、あなたを「おかしな人」「精神病患者」に仕立て上げるよう、仕向けてきます。さんざん仕掛けても被害者が誰にも相談しない場合には、何の脈絡もなく「会社の周りの人にいろいろと相談しないとだめなのよ。」、「私たちつけられているかもね。」、「社会的に抹殺することも出来るのよ。」等と言い出したりして、特定の人物に相談をさせようとしたり、なにかがおかしいとあなたにわからせようとします。

 疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキング被害報告に多いアンカリングの「条件」は、「咳払い」、「携帯電話」、「同じ色の服」、「スモークグラスの車両」、「連番や意味のある数字のナンバープレート」、「冷笑」、「タイミングよく現れる人や車両」、「音(ノイズキャンペーンをご参照ください)」、「眩しい光やしつこい光の演出(ブライティングをご参照ください)」、「緊急車両」、「警察車両」、「マスク」等です。海外では、「ノートパソコン」や「ペン」という報告も多くあります。こういった当たり前に存在する現象が、前記しました方法によって、あなたを脅かす存在になりうるのです。条件付けのきっかけとして「脅迫」とも取れる脅しが加わることもあります。「脅迫」とも取れる脅しの後に条件付けが行われた場合、その「条件」に対して「命の危険」を感じさせることも可能なのです。

 NLPに対する誤解があるといけないので書いておきますが、アンカリングには、プラスのアンカリングと、マイナスのアンカリングがあります。プラスのアンカリングとは、例えば、ある刺激を与えられると気分が安らぐ、といった効果を期待して行うものです。疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングで利用されるのは、マイナスのアンカリングです。「アンカリング」は必ずしも、人に危害を加えるためだけの技法ということではありません。

 

コリジョンキャンペーン

 コリジョンとは「衝突」という意味です。標的となる人物(ターゲット)の行動を邪魔する行為の総称です。ターゲットが移動する際に、人、自転車、バイク、車で行く手を遮ったり、ターゲットとすれすれの位置を通り過ぎて前に出て止まってみたり、お店のレジ、駅の改札、販売機等に並ぶ際にターゲットの前に割り込む、といった行為が挙げられます。数人(数台)で道幅いっぱいに広がりながらゆっくり移動して、ターゲットがよけなければならない状況を作り出すこともあります。実際に「ぶつかる」事は少ないのですが、接触しても不自然ではない場面、例えば満員電車などでは、明らかに不自然にターゲットの荷物を蹴飛ばしたり、寄りかかったり、バッグの角を押し付けたり、ターゲットの乗った車両に人が殺到するなどします。

 また、故意にやっていることをわからせるような白々しい謝り方をすることもあります。こういった行為は、実際の映像や音声として記録できます。

 

ストリートシアター(Street Theater)

 標的となる人物(ターゲット)が通行するタイミングでさまざまな演技を行い、ターゲットの注意を引き、ターゲットのことをからかっているのだという意識を与える行為です。例えば、あなたの目の前で「怒鳴り合い」が始まる、いきなり大声を出す、自転車同士がぶつかる、酔っ払いが大勢現れる、暴力団風の集団が現れる等です。

 撮影するタイミングは難しいですが、実際の映像として記録できます。単に身近に現れて威圧、挑発や邪魔をするだけの行為は 付回し や モビング と呼ばれます。

 

付回し(Shadowing)

 老若男女を問わない不特定多人数が、標的となる人物(ターゲット)の周辺に意味なく現れることです。尾行するような行動ではなく、単にあなたの行く先にわらわらと現れます。そして多くの場合、アンカリング、コリジョンキャンペーン、ノイズキャンペーン、ほのめかし、ストリートシアター等を行います。

 彼らの登場の仕方や仕草は不自然なのですが、毎日体験している者でなければ、その異常性に気がつかないでしょう。彼らは、平静を装いながらあなたの近くに集まってきて、時に無礼な態度を取ったり、行動の邪魔をしたり、薄笑いを浮かべたり、奇抜な行動をしたりします。

 付回しは、車両でも行われます。あなたが路肩に車を停めると、その前後にぴったり車が停まり、運転手が中でじっとしている、にやついている、またはあなたの車が移動できないような位置に車を停める、などの行為も行われます。車両の場合、スモークグラスの車が多いとの報告が、かなりの割合を占めます。この行為は、実際の映像として記録できます。

 

ほのめかし

 標的となる人物(ターゲット)しか知らないはずの「個人情報」や、ターゲットしか知らないはずの言動や仕草、例えば、あなたが自分の部屋で一人でしていた行動や就寝・起床時間などを、他人や知人が、一見関係のない文脈の中でさりげなく、時にしつこく話すことです。暗証番号や電話番号と同じ数字のナンバーをつけた車が目の前に現れるといった、視覚に訴える演出もあります。ターゲットに「盗聴されているのではないか?」「盗撮されているのではないか?」いう疑念を抱かせる効果があります。ターゲットがその疑念を口にすると、ターゲットが「おかしな人」になるよう仕組まれます。音声記録等は難しいですが、記録することは可能です。ただし、それが本当にあなたに対して行われた言動かどうかを証明することは、難しい行為です。

 

ノイズキャンペーン(Noise Campaign)

 標的となる人物(ターゲット)の周囲で四六時中なんらかの「音」を立て、ターゲットが「音」に敏感になるよう仕向ける行為です。壁を叩く音や室内でのカタカタ、ゴトゴト音のような小さな音から、水を流す音、洗濯機の音、近隣の騒音、外出、外食時のうるさい会話、突然大声で話したり高笑いをしたりする人物、咳払いを繰り返す人物、いびき、貧乏ゆすりによるカタカタ音、子供を利用した騒ぎ声、放置された携帯電話の着信音、「カツカツ」と音のする靴で力強く歩く音、アイスコーヒーの氷を延々とかき混ぜる音、工事や大工作業による騒音、ブレーキの鳴く音、車やバイクのマフラーによる排気音(爆音)、広報車や宣伝カーの騒音、緊急車両のサイレンまで、あらゆる騒音の演出がこれに含まれます。あなたの住居付近に加担者が潜伏し、かわるがわる気になる音や神経を逆なでする音を出すことが多くあります。

 こういった音は、録音可能です。

 

ブライティング(Brighting)

 眩しい光やしつこい光の演出よって、標的となる人物(ターゲット)の神経を逆なでする行為の総称です。その多くは車両のヘッドライト、ハザードランプやフォグランプを利用して行われます。ターゲットが徒歩で夜道を歩くと、ハイビームやフォグランプをターゲットに向けた車が多く停車しており、ターゲットが通過するタイミングで発車することが多く報告されています。運転中の頻繁なパッシングや、対向車のヘッドライトが上向きに調整されている(とても眩しく見えることになります)、チカチカと点灯するライトをつけた自転車が頻繁に現れる、といった例も報告されています。また、被害者の自宅の窓に眩しい明かりが入るようになり、夜中でも明るい状態が作られることがあります。この行為は、実際の映像として記録可能です。

 

マインドゲーム(Mind Games)

 ガスライティング の手口の一種です。標的となる人物(ターゲット)が「あれ?」と思い、自分の記憶が正しいかどうか、何がどうなったのかを考えさせる行為です。部屋の物品をちょっとだけ移動させる、椅子の高さを少しだけ変える等の行為が含まれます。

 

モビング(Mobbing)

 「モビング」という用語は、もともと職場での嫌がらせを表す用語であり、その行為は、先進国各国で多数、報告されています。「モビング」は、職場ぐるみで、細かいながらも執拗な嫌がらせを続け、標的(ターゲット)となった人物が、辞職せざるを得ない状態を作り上げる、集団犯罪行為です。その行為は組織的ではないとできない行為であり、人事部が加担する例が多く報告されています。結果は通常、自己都合退職にさせられます。会社側がターゲットを解雇する形式をとらないのは、「何も起こっていない。この人が勝手に辞めたのだ。」という表面上の体裁を取り繕う意図があるためです。加担する人々は、強引にでもそのストーリーに沿って物事を進行させます。「モビング」の加担者は、明らかに嫌がらせであると証明できる行為や、犯罪と証明できる行為を注意深く避け、全ての行為に「偶然」を装います。ターゲットとなった人物の悪評を広めたり、罪をなすり付けたり、といった行為も行われます。また、「モビング」の名付け親であるレイマン氏は、職場における組織的モビングの段階のひとつとして、さまざまな加害行為の後に、精神鑑定診断を強制的に受けさせるなどして精神疾患との烙印を押し、被害者を追い込むという手口をも挙げています。ターゲットとなった人物からすれば、会社側が組織的に行っている行為だという証明が難しいため、一方的な不利益を被ることとなります。

 これが職場だけではなく、ターゲットの私的な生活、社会的な生活全般に応用されたのが、疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングであるといえます。このため、疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装ストーキングを「職場を飛び出したモビング」と表現する方もいます。

 

COINTELPRO(コインテルプロ)

 1950年から1960年にかけて、FBI等によって行われた非合法工作活動(国家犯罪)のプロジェクト名です。共産主義者等、当時のアメリカ政府にとって都合の悪い人物や団体に対する工作がメインの活動でした。その手口は、人間関係の破壊工作、風評工作、生活妨害工作、失業させる工作などを通じて、偶然を装いながら、ターゲットとなった人物に、身体的、精神的、経済的なダメージを与え続けるというものです。マスメディアの利用、ガスライティング、ストリートギャング等を利用した ストリートシアター さえも行われていました。また、同じような手口の嫌がらせが、日本の公安警察によって行われているという事実があります。

 

原文網址:http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm

, , , , , , , , , , ,

clyu 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()